習い事

女の子は何の習い事をしたい?人気の習い事&タイプ別習い事をご紹介

早期教育が身につくといわれている昨今、習い事についてどうお考えですか?
女の子ならではの夢やあこがれで習わせたい習い事もありますが、子ども本人が習いたい習い事と食い違うこともあります。

せっかく習うからには長く続け身につけてほしいものです。
どんな習い事をいつから始めるのがいいのか、一緒に考えてみませんか?

女の子に人気の習い事ベスト8

まずは子どもが習いたい習い事をみてみましょう。
子どもたちに人気の習い事を書き出してみました。
簡単に習い始めてしまいがちですが、意外に費用がかかったり、親の負担が重かったりして子どもの思いにこたえてあげられないこともあります。あらかじめ、リサーチしておくことをおすすめします。

ピアノ

いつの時代も習い事の筆頭に挙げられているピアノです。
小さい頃から音楽に触れることは、情操教育という点だけでなく、楽譜を読む力や、音を正しく聴き取る力が養われます。
絶対音感も練習次第では身につくかもしれません。

ピアノの発表会などは、子どもの成長を感じることができるので、親も祖父母も楽しみな行事の1つとなります。
また、小中学校の合唱コンクールなどで伴奏者に選ばれるなどうれしい機会もあるかもしれません。

しかし、高校生以降の子どもたちに聞いてみると、「小さい頃は習っていたけど、今はほとんど何も弾けない。」という意見が多いことも確かです。

ピアノを家に置くということも1つのネックになりますね。
電子ピアノのタッチもかなりピアノに近づいてきていますが、やはり続けるためには本物のピアノでの練習が不可欠なので、住宅を含むピアノ環境が整わなければ難しいかもしれません。

  • 月謝:4000円~15000円/月程度(高度になれば月謝が上がることも多い)
    普段の月謝以外に楽譜代や発表会の際の会場費負担や衣装代、その他先生へのお礼などがいる場合もあります。
  • レッスン:週1回30分程度
    家での練習が必須です
    ピアノ環境と毎日コツコツ練習できる根気よさや集中力を必要とします

スイミング

小学校の水泳の時間に泳げない子どもはホントに少なくなりました。
ベビースイミングや2,3歳からのスイミング教室に通わせる親が多くなったからだと考えられます。
スイミングでのトラブルがトラウマになって泳ぐのを嫌がるケースもありますが、怖いことだと感じる前からスイミングに通わせることで、泳ぐことへの抵抗を少なくすることができます。

とくに女の子は、小学校高学年になると、初潮を迎えたり見た目にも変化が出てきたりして、スイミングを嫌がる時期があるので、早い時期にある程度の泳法を身につけることはいいことです。

また、バスの送迎がある教室が多いので、慣れれば安心して送り出すことができます。
1人で着替えることもできるようになるので、自立の第一歩としても優れた習い事ではないでしょうか?

「泳ぐ」ということは、自分の身を守る、命を守ることにつながります。
タイムを競ってオリンピックに出ることが目的ではなく、一度覚えれば忘れないので、人生を通してのスキルとして習得することをおすすめします。

  • 月謝:3000円~30000円/月程度
    教室によってはクラスによって帽子の色を変えたりすることもありますが、基本的には水着程度の負担
  • レッスン:週1回60分程度

英語・英会話

2020年の教育改革では、小学校中学年から英語が授業に組み込まれる様になります。
これまでの中学生になってから英語を学ぶという形から、2年前倒しで、小学校高学年から本格的な英語の授業が始まります。
これまで以上に英語教育に力を入れて、英語を使いこなせる大人を育て上げることを目的としています。

英語耳は6歳くらいまでに育つといわれていますので、将来の英語学習で困らないために、そして、将来使える英語を習得するために英語は早い時期に習い始めることをおすすめします。

  • 月謝:3000円~20000円/月程度
    ハロウィンやクリスマスなどのイベントでパーティを行う教室も多くその際の費用や英検を受験する場合の受験費用など
  • レッスン:週1回60分程度
    家でも復習をすればさらにGOOD!

バレエ

小さな女の子が白いタイツやレオタード、チュチュをつけた衣装を身にまとい、バレエのレッスンをしている姿は、目を細めてしまうほどかわいいですね。

バレエはかわいいだけでなく、姿勢よく、カラダも柔らかく、しなやかな筋肉のつき方でシュッとした体型になれるので、常に人気の習い事です。

しかし、バレエは日常のレッスンだけなら月謝など、ほかの習い事と変わらないですが、発表会には手作りの衣装や会場費の負担(チケットを売りさばくことも)をはじめ、チラシなどの印刷物や発表会の運営そのものまでも親が行うこともあるので、親の負担はかなりのものです。

また、教室の中には、入るとき面接があり、親がふくよかな体型だと入団を断られる場合もあるようです。
シビアな世界ですね。

  • 月謝:3000円~7000円/月程度
    発表会時の費用には教室によってかなり違います。はじめに聞いておくことをおすすめします。
  • レッスン:週1~2回 60分~90分程度

体操・新体操

体操はオリンピックの種目でも注目される人気のスポーツです。
最近では、幼稚園の中でも、跳び箱や逆立ちをできるように訓練するところもあるくらい、幼児からの全身運動を推奨しています。

小さな頃から始める利点は、怖がらずに楽しんでできることです。
逆上がりや跳び箱・バック転などはある程度の年になると、ケガを怖がったり、上手にできなかったとき恥ずかしがったりして、できないままになってしまうこともあります。
小学校の体育の時間に、颯爽と跳び箱を跳ぶ姿はカッコイイのひとことです。

新体操もまた、女性らしい動きと力強い動きを併せ持った素晴らしい競技です。
新体操もバレエ同様、姿勢やしなやかな筋肉などシュッとした体型になれます。
また、新体操は技を習得できるだけでなく、リズム感や集中力・協調性なども身につけることができます。

どちらも楽しくカラダを動かし、技を身につけることができるのでおすすめです。

  • 月謝:5000円~7000円/月程度
    その他の費用とされるのは、基本はレオタード程度
  • レッスン:週1回 60分~90分程度
    発表会をする教室も多い

ヒップホップダンス

リズム感とスポーツ要素の両方が身につくヒップホップダンスも人気です。
2012年から学校でもダンスが授業に取り入れられるようになり、人気に拍車がかかりました。

現代の子どもたちは、放課後も忙しく、外遊びの時間も少なくなっていますし、思いっきりカラダを動かすことも減っています。
リズムにのってみんなで踊ることは、楽しいだけではなく、心身ともに健康に生活する上で素晴らしいことです。
その上、協調性・集中力・表現力など、たくさんのことを学ぶこともできます。

  • 月謝:4000円~20000円/月程度
    衣装やシューズなど
    発表会のある教室も多いため、はじめに聞いておくことをおすすめします
  • レッスン:週に1回 60分程度

絵画

絵を描くことが好きな女の子は多いですよね。
子どもの描く絵は一生懸命で、見ていてほほえましく思えるものです。

子どもの才能を伸ばしてあげたいと思いませんか?
小さい頃に技法などの基本を学んで絵を描くことで、絵が「好き」から「得意」に変わります。
色々な絵画コンクールで受賞することは自身にもつながります。

また、公立中学から高校受験の際、内申書には美術の成績も主要科目と同じように重要視されます。
受験期が近づいてきて、あわてて美術にも力を入れるのではなく、「好き」でいる時に才能を伸ばすことをおすすめします。

  • 月謝:5000円~20000円/月程度
    絵画道具、スケッチブック・キャンバスなど
  • レッスン:60分~120分程度

お料理・お菓子づくり

男の子らしく、女の子らしくという言葉が死語になりつつある現代ですが、 やはり、わが子にはつい夢やあこがれを描くものです。
お料理やお菓子づくりを好きになってもらいたいですよね。

親がお料理やお菓子づくりが得意なら、家で一緒に作るのも楽しいですが、苦手だからこそわが子には得意になってほしいものです。
そんなときは、親子料理教室で一緒に楽しみながら、お料理やお菓子づくりをするのもいいですね。
今まで出来上がった料理を食べるだけだったことが、どんな材料をどんな調理方法でといろいろわかると、食べものを大切にできたり、作った人に感謝できたりするようになります。

食わず嫌いの食べ物を食べられるようになるかもしれません。
食は人が生きるためにとても大切なものです。
子どもが早い時期に食について考えることができるのでおすすめです。

  • 月謝:5000円~10000円/月程度
  • レッスン:月2回程度

親が女の子に習わせたい習い事ベスト10

子どもが習いたい習い事と、親が習わせたい習い事はほとんど同じです。
子どもが習いたい習い事に加えるとすれば、次の2つが人気です。

習字

いつの時代も字をきれいに書くことは気持ちがいいものです。
字は人となりを表すといいます。
読めないような乱れた字よりも丁寧な形の整った字を書く方が印象もいいですよね。
大人になっても、人に自分の字を見せなければならないことも多く、字が下手だとコンプレックスになったりもします。

また、お習字は、字がきれいになるだけでなく、字や字の筆順なども正しく覚えることができるし、正座や書く姿勢もよくなります。
お習字をしている時間は心も落ち着き、集中力もつくのでおすすめです。

  • 月謝:2000円~7000円/月程度
    お習字道具
  • レッスン:週1回 60分程度

学習塾・幼児教室

子どもの数は年々減少していますが、私立小中学校の入学希望者は減少してはいないようです。
子どもが少ないからこそ、その子どもにかけてあげられる愛情も費用も多くなっているのでしょう。

私立小学校の入学試験を受けるためには、幼稚園入園とほぼ同時に幼児教室に通うことが通常です。
私立中学校の入学試験を受けるためには、小学校2年生の2月、小学校3年の2月から、受験塾に通うことが通常です。
受験なくして子どもたちの教育は語れません。

それがいつになるのかはその家庭によって異なります。
高校で初めて受験するのか、小中学校で受験をして、エスカレーターで高校や大学まで上がるのか、どちらにしても、親が子どもにしてあげられることは、いい環境で勉強させてあげることくらいです。

学習塾や幼児教室をしっかり選んで子どもに楽しく学ぶ環境を整えることは子どもの将来のために大切なことですね。

  • 月謝:5000円~
  • レッスン:週1回60分~

その習い事、いつから始める?

子どもは6歳くらいまでなんでもスポンジに水が吸収するような勢いで吸収します。
習い事も早く始めれば、その分吸収できるでしょう。

しかし、子どもはやりたいことをやる気のある時にしか集中できません。
習い事に興味を持ち、楽しくできるようなるのは、幼稚園に入ってからではないでしょうか?

ただし、スイミングやヒップホップダンスなどは水に慣れること、リズムに乗って踊ることなど小さい頃でも十分できるので、あまり無理強いすることがなく、子どもが楽しんでできるようであれば、もう少し早くからでも大丈夫でしょう。

男の子と女の子、習い事にも違いがあるの?

ある程度の年齢までは、女の子の方が成長は早く、集中力が必要な習い事でもやりこなすようです。
男の子はサッカーや野球などの戦いを伴うことは集中します。
最近では、理系頭の男の子の間でロボットやプログラミングの教室なども人気があります。

興味があることはのめり込んで半端ない集中力を見せてくれますが、英語やお習字などはジッとしていることさえも苦痛と感じる子どもたちが少なくありません。

女の子はそれに比べて、何かを作るなどの達成感や褒められることの優越感でそれなりになんでもこなすようです。
ただ、女の子の方が比較的飽きっぽく長続きしない場合もあります。
 

女の子だからこそ気をつけたい3つのポイント

あれもこれも選ばない

「〇〇ちゃんも習っているから習いたい。」というように自分がどうしても習いたいかどうかわからないのに習いたいといい、はじめても長続きしないことがよくあります。

1週間のほとんどに習い事のスケジュールを入れてしまうと、いくら疲れ知らずの子どもでも疲れてしまいます。
疲れは何をしても集中できず、いい結果は生みません。
幼稚園や小学校生活の妨げにもなりかねません。
体験教室などに出向き、ホントに習いたいのか、長く続けられるのか見極め、じっくり話し合ってから、習い事に絞りこみましょう。

周りに振り回されない

親子でよく相談して、習い事を決めたら、子どものお友だちやママ友の言葉に振り回されずに、続けましょう。
羨んだり妬んだりしてケチをつけられる、他の習い事に誘われることもありますが、わが子に向いていると信じて始めた習い事なので、納得いくまで続けましょう。

競うための習い事ではなく、習得するための習い事だと理解させよう

女の子はどんなに小さくても女です。
どんな習い事でも着るもの1つ、持ち物1つから競います。
たとえお古のレオタードでも、親が使っていた絵具道具でもダンスや絵の技法が習得できればいいということを理解させましょう。
子どもがいうままに新しいもの、かわいい持ち物を揃えていては月謝以外の費用もかさみます。

これらのことに気を付けて、習い事を始めるにあたり、子どもとよく話をしましょう。

夢中になれる習い事選びは、子どものタイプに合わせて探そう

わが子のタイプによって、夢中になれる習い事は変わってきます。
わが子のタイプを見極めて習い事を選びましょう。

おっとりタイプ

わが子がおっとりタイプで何かに集中してジッとしていられる子どもなら、おすすめなのは、ピアノ・バレエ・絵画・お習字です。

しっかりタイプ

わが子がしっかりタイプで、ハキハキと答えたり、シャキシャキと行動できたりするなら、おすすめは、英会話・体操や新体操・お料理やお菓子教室・学習塾や幼児教室です。

ノリノリタイプ

わが子がノリノリタイプで、運動神経バツグン、じっとしていられないなら、おすすめは、ヒップホップダンス・スイミングです。

ちゃっかりタイプ

わが子がちゃっかりタイプで、なんにでも興味を持ち、楽しめる子なら、おすすめは、全部です。

子どもの個性にあった習い事を選ぶ参考にしてくださいね。

まとめ

わが子にスペックの高い大人になってほしいからと習い事をお考えかもしれませんが、いきなり、たくさんの習い事を始めるのは無謀です。

幼稚園や小学校に入園・入学すると、つい新しいことを始めたくなりますが、子どものキャパはそんなに大きくありません。
1つできるようになったら、もう1つと増やしていくことが習い事を長続きさせ、習得させるコツです。

ぜひ、親子でじっくり話し合って、子どものためになる習い事を選びましょう。

関連記事

あなたはこれまで何を学んできましたか?

学ぶというと学校での勉強が連想されますが、習い事や書籍で知識を得る事も立派な学びです。
人は学ぶ事で視野が広がり、人生の可能性が広がります。
ただ、何かを学びたい時、こういった思いを抱いた事はないでしょうか。

「もうすぐ受験だけど、効果的な勉強方法はないかな?」
「子どもに習い事をさせてみたいけれど、どんな習い事がいいかな?」

勉強はしたいけど、どうやって学んでよいかわからない。
お子さまに習い事させている方に聞いてみたいけど、身近に聞ける人がいない。
運良く周りに聞ける人がいればよいのですが、そうも言えないのが現実ではないでしょうか。

学ぶためには本人の努力が必要なものの、その原動力はやはり本人の意欲。
相談できる人がいないだけで、せっかく芽がでた学びの意欲を無くしてほしくないというのが、私たちの根底にある思いです。

そこで学びの芽を育むための情報を提供したいと考えた結果、私たちは当メディア「STUDYCLIP」を誕生させました。

「STUDYCLIP」は世の中に埋もれた学びにまつわる情報を切り抜いて提供しようという意味です。
当メディアがあなたの学びを通して、豊かな人生を送る一助になれば幸いです。