運動

心と体が鍛えられる?子供の空手教室の気になることを徹底解説

東京オリンピックを来年に控え、いろいろなスポーツに注目が集まっています。
子供の習い事も数多くあり、どんな習い事がよいのか迷ってしまいますね。
2020年のオリンピックに初めて空手が競技種目として追加されたことを受け、空手は人気のある習い事のひとつとなっています。

空手教室って敷居が高い?どんなことをするの?

空手教室と聞くとなんとなく敷居が高いようなイメージを持たれる方もいらっしゃいます。
最初は私も息子2人もまさにそんなイメージを持っていました。
特に「〇〇道場」と言われているような道場だと親も子供もかなり勇気がいると感じるのではないでしょうか。

しかし、そんな心配はいりませんでした、大丈夫です。
空手教室では、年配の方から小さな子供まで一緒に稽古に励んでいます。
老若男女問わず一緒に基本の稽古を行い、基本の稽古が終わるとそれぞれのレベルにあった稽古を行います。

また、空手には架空の相手がいるという想定で1人で決まった技を組み合わせて演武を行う「形」実際に相手と戦う「組手」があります。
空手教室では、この「形」も「組手」もどちらも学ぶこととなります。
最初は親も子供も慣れない環境でドキドキすることもあるかもしれませんが、道場の責任者である先生はしっかりとフォローしてくれます。

よく言われる空手教室メリットとデメリットは本当?

習い事を始めるキッカケは様々です。
子供が興味を持ち習いたいという場合もあれば、親が習わせたいと感じて始める場合もあります。

我が家の場合は、息子たちがやんちゃであったため習わせたいなと思っていたところに、たまたま長男がテレビで空手を見て「かっこいい」と言ったのをきっかけに習うこととしました。
では、実際に私が感じた空手教室に通うことのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

空手を習うメリットはたくさんあります。
他のスポーツとは少し違ったメリットがあり、東京オリンピックで競技種目となっていますが空手はスポーツではなく武道です。
その武道ならではのメリットについてみていきましょう。

精神的にも肉体的にも鍛えられる

空手は「仲良く楽しく、和気あいあい」といった雰囲気ではありません。
一歩、道場に入ったらそこからすでに稽古が始まっています。

もちろん1人で稽古するわけではなく、大勢で行うため会話などはありますが、楽しくお話をするということは、稽古中にはありません。
稽古では、他の人ができて自分だけができないこともあり悔しい思いをすることもあります。
また、組手では実際に蹴られたりすることもありますが、簡単に弱音を吐けるような環境ではないため精神的にも強くなります。

稽古自体は、基本的な腕立てや腹筋などの筋トレや柔軟性が空手にはとても大切なためストレッチや柔軟体操を行います。
続けることによって柔軟性と筋力を持ち合わせ、体力もつきます。

姿勢がよくなる、体幹が鍛えられる

空手の技の動きは、蹴りや突きがメインとなります。
蹴りの場合は、片足で立ち、かなり早いスピードで上段(相手の頭部周辺)、中段(相手の腹部)、下段(相手の足)を狙います。
そのため、体幹がしっかりしてなくてはこの蹴りができません。
最初はなかなか難しいこともありますが、徐々に繰り返し稽古を行うことで自然と体幹が鍛えられます。

突きの場合も同様に、強い力と速いスピードで突きを相手に当てるためには、体の軸がしっかりしていなければいけません。そのため、蹴りと同様に突きの場合も体幹が鍛えられます。

こうした稽古を行うと自然と姿勢がよくなります。
姿勢が崩れている場合は、先生からも指導が入るため常に話を聞く際なども背筋をピンと伸ばすことを無意識にするようになります。

あいさつなどの礼儀も身につく

道場には同世代の子供だけがいるわけではありません。
老若男女問わずたくさんの方がおり、自分より先に入っている方は年齢問わず先輩です。
だからといって自分より後に入った年上の方に対して上から目線で接することは許されません。

そのため、礼儀などもしっかりと指導されます。

親が言ってもなかなか言うことをきかない子供でも、道場の雰囲気や環境ではわがままは通じないことを子供ながらに感じ、自然と礼儀や落ち着きなどが身についていきます。

集中力がつく

実際に相手と戦わない「形」や、相手と実際に戦う「組手」であっても、一瞬でも気を抜くと一気に「形」は崩れ、「組手」であれば相手に攻撃されます。
そうしたことを自分の身をもって経験するため、稽古中は表情も変わり集中します。

自信がつく

空手は小さい頃は身体能力だけで試合に勝つことがあります。
しかし、小学生中学年になると努力した子が勝ちます。
空手の動きは独特なもので、実際に稽古をしなければ習得することができません。

また、その覚えた技を自分で何度も繰り返し行い、体で覚えなくてはいけません。
そのため、小さな努力やひとつのことを継続して行うことで、形や組手の試合で勝った時には大きな自信につながります。

特に組手の場合、ケンカの強い子が勝つのではと誤解されがちですが、決してそうではありません。
相手を倒すためにはきれいに技が入らなければいけないため、おとなしい子や、体が小さい子でも試合に勝つことができるのです。
勝つことや昇級して帯の色が変わることで、かなり大きな自信につながります。

人の痛みを知ることができる

組手の場合、稽古であっても試合であっても防具をつけてはいますが、実際に殴られたり、蹴られたりします。
防具をつけていてもかなり痛いです。
もちろん全身防具で覆われているわけではないので、あざができたり、腫れたりします。

もちろん、相手に蹴られたりするように自分も相手に同様のことを行います。
そうした経験から、人の痛みを感じ、殴ったり蹴ったりすることがどのような行為であるか身をもって知ることができます。

デメリット

空手のメリットはとてもたくさんありますが、その反面デメリットもあります。
習った後に後悔することがないようにデメリットについてご紹介します。

ケガが多い

スポーツを習っていれば、空手に限らずケガの可能性は必ずあります。
しかし、空手は先にも述べたように相手に殴られたり蹴られたりします。

稽古の時もケガの可能性はありますが、試合になるとお互いに本気で戦います。
そのため防具をしていても当たり所が悪ければ骨折をすることや、実際に倒れてしまうこともあります。

まだ、子供が小さいうちは相手もそれほど力が強くないため、大ケガになることは少ないですが、中学生、高校生になると試合の迫力やパワーも格段にあがり、防具の数も減るためケガをする可能性は高くなります。

親によっては、殴られたりする子供の試合を見ることができないというレベルまであがるため、子供も親もケガのリスクがあることをよく理解したうえで習う必要があります。

費用がかかる

習い事によっては年間数十万円かかるものもあるため基準が分かりにくいかもしれませんが、空手も費用は高い方だと思います。
道着、防具一式、かばん、月謝、年会費は必ず必要となり、大会に出るとなれば形と組手とそれぞれの参加費、帯の色が変わる昇級試験費などがかかります。
空手は種類や流派が多いため、月謝や大会参加費、昇級試験費などは異なります。

月謝は先生が公民館などを借りて行う場合数千円と安く、自分で道場を持っている先生は5000円からと高く設定されていることが多いです。
入会時から昇級試費はいくら、大会参加費はいくらと説明されることは少ないと思うので、それぞれ約1万円と思っていれば後から慌てることはないと思います。

もちろんどの習い事もそうですが、優勝など好成績を上げると上位大会に出場することになるため移動費や参加費などが別途必要となります。

後悔したくない!空手を習う前に調べておくべき3つのこと

子供が習いたい、親が子供のために習わせたい、どちらもアリだと思います。
しかし、せっかく必要なもの一式揃えたあとにこんなはずじゃなかったと後悔し、やめてしまうのは避けたいですよね。

特に空手は学校の授業で行うこともなく、身近なものとしてとらえることができません。そのため、空手教室に見学にいく前に必要最低限の知識を得ておくと、気になる点などを自分から先生に見学時に質問することができます。

空手教室の選び方

空手はとても多くの流派が存在し、初めて空手にふれる方にとってはすべての流派を理解してから教室を選ぶことは難しいのですが、稽古の内容は空手の種類によって異なるため、流派よりも種類で選ぶ方がイメージがつきやすいです。

流派について

空手には流派というものが存在します。
その数はとても多く、また複雑に枝分かれをしているため把握することは困難です。

しかし、空手自体は、中国拳法がルーツとなっており、中国拳法が「北派」「南派」に分かれ、そこからさらに枝分かれを繰り返しています。
中国拳法がルーツである証拠に、「ピンアン(平安)」「セイエンチン(征遠鎮)」など多くのこうした形の名前がついています。

種類について

空手の種類は大きく2つに分けることができます。
ひとつは「伝統派空手」といわれるものです。
古来の伝統的な技術に基づいて稽古を行い、形と組手と両方を行いますが、組手では実際に相手を蹴ったりすることはなく「寸止め」です。
2020年東京オリンピックではこの伝統空手の寸止めルールが適用となります。

もうひとつは「フルコンタクト」です。
これは例をあげると極真空手のように実際に相手を殴ったり蹴ったりします。
もちろん、フルコンタクトも形と組手と両方を行いますが、組手に力を入れている教室が多く、実践的な空手ともいわれています。

我が家は、人の痛みを知ることや戦うという恐怖心などに打ち勝つという経験をしてほしいということもあり、フルコンタクトである極真空手に通いました。

金銭面、自宅からの距離的につづけられるか

空手は肉体的にも精神的にも教室に通ったからといってすぐに結果がでるものではありません。
長く継続して初めてメリットとしてあげたことを得ることができます。
そのため、流派や種類だけを選ぶポイントとせず実際に金銭面や自宅からの送迎ができるなど継続が可能な教室を選ぶことが大切です。

空手は女の子やおとなしい子供でも楽しくできる?

実際に空手教室や空手の大会に行くと女の子はたくさんいます。
形の大会は性別関係なく男女ともに同じカテゴリーで競いますが、組手は男女別で戦います。
女の子だからこそ、身を守るひとつの手段として教室に通っている子もおり、また女の子の方が男の子よりも強い気持ちで習うことが多く、継続して一生懸命取り組む傾向があります。

息子が通っていた道場にもおとなしい子もいました。
最初はなかなか雰囲気に馴染めないこともあるかもしれませんが、基本的におとなしい子の方が先生の話をしっかりと聞いています。
できることが増えていき、大会で結果をおさめることで学校での上下関係が反対になることも空手では起こり得ます。

楽しくできるかという点では、どういったことに楽しさを求めるかによって異なります。
他のスポーツのように集団でひとつのことに向かって勝利を得る、いつもニコニコしていることが楽しさととらえるならば空手ではそうした「楽しさ」を得ることは難しいと思います。

しかし、大変な稽古を行い、時にはつらいことや辞めたいと思うことがあっても、その大きな壁を乗り越え、大会で勝つという努力が報われる「楽しさ」は、空手で経験できる楽しさのひとつです。

空手は何歳から習うことができるの?

教室の先生の考えにもよりますが、4歳児(年中)から始めることができる教室もあります。
年齢というよりはその子がどれだけ親から自立できているかによるため、年齢だけでは判断ができないという先生もいます。

先生が見ているポイント

  • 稽古中、親のそばに行かない
  • 話を聞くことができる
  • あいさつができる

こうした点を先生は見ています。もちろん防具などを自分でつけることができないなど、手が必要なこともありますが、そうした時は親がするのではなく先生や教室の道場生が手伝ってくれます。

長男は6歳、次男は4歳から空手を始めました。
次男の場合は年齢的には少し早いかもと先生に言われましたが、本人がどうしても習いたいと先生に直談判し習うことができました。そうした本人の意志も先生は確認しているのかもしれません。

空手の黒帯は何年で取れる?子供でも取れる?

空手を始めるとやはり黒帯を目指します。
しかし、黒帯がゴールではないのですが気になりますよね。
私も習い始めてすぐに黒帯を意識してしまいました。

実際黒帯は早い方であれば5年ほどで取得することができます。
長男は5年半、次男は6年で取得することができました。
流派にもよって異なりますが、黒帯の試験は基本、形、組手、作文とかなりハードな内容となっています。
また、黒帯を取得する際は登録料が必要となり極真空手では5万円ほどかかりました。

もちろん、先に述べましたが子供でも黒帯を取得することができます。
昇級試験の内容はほぼ大人と同じです。
組手は自分と同レベルの生徒が相手となり、立て続けに何人もと戦います。
最後はふらふらになるのですが、それでも組手を行うわが子にとても感動します。
子供がひと回りもふた回りも大きく成長した姿をみることができます。

ただ、注意がひとつ必要です。
これも派によって異なりますが、高校生未満で取得した黒帯は、大人になると黒帯のひとつ前の帯の色に戻ります。
小さい頃に取得した黒帯と大人になってから取得する黒帯とはやや重みが異なるため、本人のタイミングで高校生以上になったときに、黒帯の試験を受けなおすこととなる場合もあります。

空手教室を決める際は、必ず見学をしよう!

空手教室はたくさんあります。
しかし、先にもお伝えしたように伝統空手とフルコンタクトでは、ケガのリスクも違いますし、空手で何を学びたいのかを子供も親もよく考えておく必要があります。

また、教室の先生との相性を知ることや空手というものを身をもって体験することが重要なため、先生の許可があれば複数回実際に稽古に入ることをお勧めします。
いくつかの教室をまわり、実際に子供が稽古を行うことで習い始めた後に後悔することも少なく、長く続けることができます。

まとめ

2020年の東京オリンピックで初めて競技種目として追加された空手。
とても人気があります。
空手で得た精神的なことは大人になっても大変役に立ちます。

体幹など肉体的な面に関しては、他のスポーツを行う上でも体の使い方をよくわかっているため有利なことも多く、息子2人もサッカーも習っていますが、空手を習ってよかったと話しています。

空手教室を決めるポイントは、寸止めの「伝統空手」か実際に痛みを伴う「フルコンタクト」かが決める大きなポイントとなるのではないかと思います。
ぜひ、いろいろ体験し、お子さんの意思を尊重して教室を決めてくださいね。

あなたはこれまで何を学んできましたか?

学ぶというと学校での勉強が連想されますが、習い事や書籍で知識を得る事も立派な学びです。
人は学ぶ事で視野が広がり、人生の可能性が広がります。
ただ、何かを学びたい時、こういった思いを抱いた事はないでしょうか。

「もうすぐ受験だけど、効果的な勉強方法はないかな?」
「子どもに習い事をさせてみたいけれど、どんな習い事がいいかな?」

勉強はしたいけど、どうやって学んでよいかわからない。
お子さまに習い事させている方に聞いてみたいけど、身近に聞ける人がいない。
運良く周りに聞ける人がいればよいのですが、そうも言えないのが現実ではないでしょうか。

学ぶためには本人の努力が必要なものの、その原動力はやはり本人の意欲。
相談できる人がいないだけで、せっかく芽がでた学びの意欲を無くしてほしくないというのが、私たちの根底にある思いです。

そこで学びの芽を育むための情報を提供したいと考えた結果、私たちは当メディア「STUDYCLIP」を誕生させました。

「STUDYCLIP」は世の中に埋もれた学びにまつわる情報を切り抜いて提供しようという意味です。
当メディアがあなたの学びを通して、豊かな人生を送る一助になれば幸いです。