芸術

小学生の子どもを絵画教室に通わせたい!絵画教室を徹底解説!

たくさんの習い事の中から、子どもに何を習わせたいのか?どう習得させたいのか?ということは、親としての大きな選択ですね。
「うちの子はお絵かきが好きだから、本格的に絵を習わせたい!」
そんな思いから、絵画教室に興味をもった時に近くの絵画教室の門をくぐる前に知っていただきたいことをお伝えします。

絵画教室ってそもそもどんなところなの?

ひとくちに絵画教室といっても、色々あります。
小学生向け絵画教室に限っても、教室ごとにさまざまな特徴を持った教室があります。
子どもにどんなことをさせたいのか、子どもがどんなことを望んで絵画教室に入りたいのか、親子でよく相談して、目的にあった絵画教室を探し、選びたいものです。

小学生向け絵画教室の大きさや絵を描く環境は、それぞれ違いますが、ほとんどの教室で道具の使い方や、鉛筆・筆の持ち方、描き方など丁寧に教えてくれます。
家では汚れることなどを恐れて、なかなか自由にさせてあげられない絵具を使った作品や版画なども、絵画教室ならのびのびと制作することができます。

小学生向けの絵画教室では、同じ画材で、同じものを見て描くことがほとんどですが、中には思い思いの制作をさせてくれる教室もあります。
1つの作品を完成するまで数回かけて描き続け、出来上がるとミニ作品展などを開いて、お互いに品評したりする教室もあります。

月謝やそれ以外の費用はどのくらいかかるの?

小学生向け絵画教室の月謝は、週1回、60分~90分で5000円~8000円程度が一般的です。
それ以外にかかる費用としては、月謝1ヶ月分ほどの入会金が必要な教室もあります。
また、教室指定の場合もありますが、スケッチブックや鉛筆・水彩絵の具などの画材の購入費用が別途必要です。
大きな展覧会などに出品するなどのイレギュラーを除いては、費用は他の習い事とさほど変わらないようですね。

小学生向け絵画教室の雰囲気はどんな感じ?

小学生向け絵画教室では、黙々と絵を描いているというよりは、幼稚園のお絵かきの時間のように和気あいあいとした、アットホームな雰囲気の中で楽しく絵を描く感じの教室が多いようです。

一斉に授業を始めるという感じではなく、教室に来た順に思い思いの場所でその日の課題に取り組む教室が多く、自由な感じです。

全員が先生の指示を聞いて一斉にスタートするタイプの教室は、時間を気にしたり、他の子どもと比較しながら描いたりすることが懸念されますが、来た順に始める教室だと、他の子どもと進み具合が違うため、自分の作品に集中できて良いという意見がありました。

もちろん子どもの性格によっても違います。
小学校の授業のように、みんなが一斉に描き始めて決められた時間の中で集中して作品を仕上げたい子どももいるので、親は子供の性格に合う教室を見極める必要がありますね。

小学生向け絵画教室では、ハサミやカッターなどを使うことがあったり、水彩の場合には筆洗器を置いたりする教室がほとんどなので、危険を防ぐ最低限のルールを守り、その中で子どもたちは自由にのびのびと制作することのできる環境づくりができています。
描く喜びを大切にしつつ、道具の使い方や鉛筆・筆の運びなどを習得し、絵画の基礎が身につくというコンセプトで運営している絵画教室がほとんどです。

さらに上達を望むようになれば技法なども教えてもらえますし、先生の指導やお兄さんお姉さんの作品をお手本にしながらどんどん上達していきます。

絵画教室への疑問点

絵画教室に1日体験などしてみても、そのとき教室の先生には直接聞きにくい質問もありますよね。
多くのご両親が持つ疑問点について触れておきましょう。

どんなことが身につくの?

そもそも絵画教室に通う子どもたちは、絵を描くことが好きな子どもが多いと思います。
「絵を描きたい!」、「絵を上手に描きたい!」という子どもたちは、環境を整えてあげればその才能をメキメキ発揮します。

個性的な絵を描くとしても、まずは基礎を身につけてからの方がいいですよね。

色々な教室を調査してみると、絵画教室の中には、「先生は教室にいるだけで、自由に描かせるだけでほとんど指導はしてくれなかった。」「もっとちゃんと指導して欲しかった。」という声も多いことがわかりました。
先生は、自由にのびのび描かせたいから、じっと見守るという形をとっているのかもしれませんが、絵画教室に通わせている親は、子どもが上手に絵を描けるための指導を望んでいるわけです。

ただ、環境を整えるだけなら、家庭にアトリエのような部屋を作ってあげれば済むことです。
アトリエを作ってはあげられなくても、汚れることを覚悟して広い心で見守ってあげればいいのです。
絵画教室に入ることの意義を考えれば、やはり指導してくれない教室は物足りないと感じてしまうかもしれませんね。

しかし、幼稚園や幼児教室の絵画指導で、右上の隅に太陽がニコニコ輝いていて、チューリップの花は赤・白・黄色…という、みんな同じような絵を描くことを教えている教室も少なくないのです。
それは個性を伸ばすために絵を描かせているのではなく、発達の段階を先生が把握するための絵画指導にすぎません。
その結果、個性に乏しい、魅力が感じられない絵を描く子どもがたくさんいることは否定できません。

絵を描くことは自己表現することなので、押さえつけられたものではなく、自由にのびのびも大切です。
個性的に自己表現を思う存分できるとことは、絵画だけでなく、言葉や行動についても、しっかり自分の意見を持つことができたり、自分で責任を持った行動をできたりすることにつながります。

また、大まかな枠を設けて、その中で技術はもちろん、創造力・想像力・表現力を駆使して作品を作り上げることは、子どもたちにとって達成感を感じさせる素晴らしいことだと言えるでしょう。

自由に描かせているのか、ほったらかしにしているのかを見極めることは教室選びのポイントともなりますね。

絵画教室で本当に絵は上手になるの?

小学生向け絵画教室で、本当に絵を上手に描けるようになるのでしょうか?

子どもの絵の発達を見てみると、同じ母の日のお母さんの絵でも、幼稚園の年少さんの時は、顔からいきなり手足が出ているような絵を描いていたのに、年長さんになると、体や洋服なども気づかった絵に成長しています。

小学生になると、顔の特徴やメガネ、小物、背景などにまで描きこんだ、よりリアルな絵になります。
絵画教室に通わなくても、明らかに成長していることを実感しますが、絵をよく描く子どもとそうでない子どもとでは、技術はもちろん、観察眼がかなり違います。

絵に興味がある子どもは、上手に描くために、そのモデルの様子をしっかり見て特徴を表すことができますが、絵をほとんど描かないで育った子どもは、大きくなっても幼稚な絵を描いてしまうことが少なくありません。

たくさんの経験と上手に描きたいという気持ちが子どもたちの絵をどんどん成長させていくのです。

絵画教室は、描くことをたくさん経験させてくれて、技法を直接指導してくれたり、間接的にみて覚えたりすることで、絵の成長の手助けをしてくれる習い事であると言えるでしょう。
上手になるかどうかは、子ども次第ですが、興味を持つ機会を与えることは親の役目かも知れません。

親の負担は大きいですか?

どんな習い事を始めるにしても、ある程度の親の負担はつきものですね。
小学生向け絵画教室に限ったことではありません。

先にも書きましたが、月謝やそれ以外の費用は負担しなければなりません。
道具に関しては、一度購入してしまえば、あとはなくなった絵具の色を補充したり、スケッチブックの描くところがなくなったら新しいものを購入したりする程度です。

また、他の習い事同様、近くに小学生向け絵画教室がない場合に、遠い教室まで通うとすると、送り迎えを余儀なくされてしまうことが考えられます。

カルチャーセンターのような絵画教室なら、駅前にあることも少なくないので、ある程度の年齢になれば、公共の乗り物で通うこともできるようになります。
また、個人の家で教室を開いているような場合は、住宅地にあるので公共の乗り物の利便性などは、その教室によって変わってきますので、子どもの年齢などに応じて親の負担も変わってくるでしょう。

1つの作品が出来上がって、ミニ作品展が開かれる教室でも、親の参加は強制していないところが多いようなので、絵画教室に通うことの親の負担は、他の習い事に比べて同じくらい、もしくは少ないと言えます。

コスパが悪くない?家でもできるんじゃないの?

絵を描くことに毎月月謝を払うことはコスパが悪いのでは?家でも描かせることはできるのでは?と考えてしまう親はたくさんいらっしゃるでしょう。

小学生向け絵画教室は無駄でしょうか?
答えはNO!です。

選んだ絵画教室によっては、しばらく通ったけど、あまり実りがなくて辞めたという声もあります。
それは、絵画教室に限らず他の習い事でも同じで、続けられるか?楽しく通うことができるか?というのは、親と子どもの望んでいる絵画教室を探せるかどうかにかかってきます。

いくつかの絵画教室をネット検索などで探したら、とりあえず連絡して一日体験や見学をさせていただきましょう。
教室の雰囲気や先生の指導法など、実際に体験したり見学したりした上で、親子でよく相談して始めましょう。
お友だちが通っているからとか、家から近いからというような安易な理由で簡単に決めてしまうと、「こんな教室だと思わなかった…」とガッカリする結果になってしまうこともよくあります。

家で得ることができない何かを求めて絵画教室に入ることを決めたのですから、よくリサーチして子どもに合った絵画教室を選ぶことが大切です。
子どもに合った絵画教室なら、一生楽しむことができる絵画の世界を得ることができますよ!

絵が好きじゃない子でも大丈夫?

絵を描くことが嫌いな子どもに、親のエゴで通わせて楽しめる教室ではないかもしれません。

できることなら、わが子には絵を描く才能があるかも…天才かも…と感じて始めるのが上達の近道ではないでしょうか?
しかし、絵を上手に描けるようになって欲しいと願う親心で始めるのであれば、初めはイヤイヤ通うことになっても、褒めて見守り、まずは1作品完成させて達成感を味わわせることで変わってくるかもしれません。
何事も好きこそものの上手なれ!ということではないでしょうか?

子どもにとって、新しいことを始めるのはとても勇気がいることですし、楽しくないことを続けるのは疲れることです。
それでも絵画教室に通わせようと考えるなら、親もそれなりの負担を負わなければ長続きはしません!
継続は力なりです!

子どもギャラリーとコンクール

絵を描くことが好きな子、もしくは好きじゃないけれど絵画教室に通う子にむけて、楽しんで続けるためにご提案します。

子どもは褒められるのが大好きです。
自分の作品を飾ってもらうのも大好きです。
作品は、持ち帰ったら飾ってあげましょう!

成長を感じることもできますし、子ども自身も次はもっと上手に描きたいと意欲にもつながりますよ!
全部を飾ることはありませんが、新しい作品をしばらく飾れるスペースを作ってあげることで励みにもなります。

小学校の長期のお休み、特に夏休みあとには、さまざまなコンクールがありますが、そのコンクールに出展すること、そして受賞することは自信につながります。
「僕は(私は)絵を描くのが得意なの」と言えるようになることが絵画教室を長く楽しく通うことにつながります。
ぜひ、活用してみてくださいね。

絵を描く技術以外にどんな事が身につくの!?

絵を描くことは、ただ単にそれだけではなく、色々な能力が必要ですし、絵を描くことで身につくことはたくさんあります。
観察力・判断力・集中力・表現力・想像力・創造力などホントにさまざまな力が備わってこそ上手な絵が描けるのです。

作品が出来上がった際にミニ作品展などを開く絵画教室では、絵の技術以外にもプレゼン力や人前で恥ずかしがったりせずに話す力・人を引き付ける話術など、将来につながる力も身につけることができますし、友だちが話しているときに聞くマナーなども身につきます。

ただ絵を描く技術を向上させることだけでなく、絵画を通じてさまざまなことを学び、そして身につけることもできます。
これから将来に向けて新しいことを始めるすべてのことに必要な力を高めるのに、絵を描くことは役立つのではないでしょうか?

まとめ

小学生で絵画教室に通ったから、将来画家になるわけではありません。
それなら、絵画教室は無意味?ということはないですよね。

子どもの習い事は、将来のための投資です。
いくら将来のためとはいえ、たくさんの習い事をさせてあげることはできませんが、選択肢はたくさんある方が良いです。

小学生向け絵画教室に通って芸術に触れ、基礎を作り、情緒豊かな子どもになってほしいものですね。

関連記事

あなたはこれまで何を学んできましたか?

学ぶというと学校での勉強が連想されますが、習い事や書籍で知識を得る事も立派な学びです。
人は学ぶ事で視野が広がり、人生の可能性が広がります。
ただ、何かを学びたい時、こういった思いを抱いた事はないでしょうか。

「もうすぐ受験だけど、効果的な勉強方法はないかな?」
「子どもに習い事をさせてみたいけれど、どんな習い事がいいかな?」

勉強はしたいけど、どうやって学んでよいかわからない。
お子さまに習い事させている方に聞いてみたいけど、身近に聞ける人がいない。
運良く周りに聞ける人がいればよいのですが、そうも言えないのが現実ではないでしょうか。

学ぶためには本人の努力が必要なものの、その原動力はやはり本人の意欲。
相談できる人がいないだけで、せっかく芽がでた学びの意欲を無くしてほしくないというのが、私たちの根底にある思いです。

そこで学びの芽を育むための情報を提供したいと考えた結果、私たちは当メディア「STUDYCLIP」を誕生させました。

「STUDYCLIP」は世の中に埋もれた学びにまつわる情報を切り抜いて提供しようという意味です。
当メディアがあなたの学びを通して、豊かな人生を送る一助になれば幸いです。