運動

子供の習い事に注目のダンス!リズム感以外に育まれる5つの力とは?

ダンススクールのレッスン

子どもに習わせたい習い事の殿堂とも言える、スイミング・英会話・ピアノに続き最近ランキングのランクを上げてきている「ダンス」。

2018年には「チア☆ダン」などダンスを題材にしたドラマなども流行り、やってみたい!という子が増えてきました。

ダンスは子どもの習い事に向いているのか?

2012年から、中学校ではダンスの授業が必修化され話題になりましたよね。
それに伴いダンスを習わせた方が良いのかな、と考える親御さんもぐっと増えました。

中学校で必修化されたダンスは、創作ダンス・フォークダンス・リズムダンス(ロック・ヒップホップ)の3種類になりますので、もし学校での授業に対応させるのであれば、ヒップホップ系のダンスを教えてくれるところで習うのが良いかも知れません。

ただ、ダンスと言っても、小さいうちから始めるリトミック(音楽に合わせて身体を動かす)や、クラシックバレエの他、フラダンスや日本舞踊などたくさんの種類があります。

どの分野も、リズム感や柔軟性、表現力を身につけることができるので、結果的には中学校で習うダンスに対応できるようになりますので、お子様に習わせるものとしてダンスは基礎体力をつける部分でもオススメできます。

キッズダンスが人気になっている理由

最近、キッズダンサーが大人気ですよね。
これは、EXILEやE-girlsなどの人気の影響や、K-POP人気の影響が大きく、どの楽曲もみんなが馴染みやすく盛り上がる振り付けで、みんなで楽しく踊れるような音楽が増えてきたことも一つの要因かと思います。

そして、ダンスを競う大会なども増え、覚えたスキルを見せる場も日本全国で増えてきているため、ダンスを身近に感じ、始めやすくなっているのだと思います。

ダンスの種類はどのくらいある?オススメのダンスは?

ダンス、といっても先に述べたようにたくさんの種類があり、それぞれ体を動かすので基礎的な体力やリズム感を身につけることができます。

ここでは、ダンスを習わせるメリットやデメリット、教室の特徴などを簡単に紹介します。

ヒップホップ系ダンス教室

男女問わず人気があり、中学校で必修化された内容にも含まれているヒップホップダンス。
スタジオを持っている大きなダンススクールから、町の体育館などを借りて特定の曜日だけ活動しているようなボランティア的なものまであります。

私が学生の頃、ブレイクダンスに興味を持って、教えてもらったときは「レッスン」というよりは広場でダンスが出来る人が集まって見て覚えたり、その場で教えてもらったりしました。

ダンスバトルをして、技を習得していくといったスタイルでしたが、今は小さなお子さん(2~3歳)でも、楽しめるようなスクールがたくさんありますので、何カ所か見学して選びましょう。

  • 費用:
    ヒップホップ系ダンススクールの費用は、月4回レッスンで5000円~10000円が相場です。
    その他に、1回いくらといった形のスクールもあります。
  • メリット:
    チームで大会に出ることが多いので、集団でのレッスンになりますので、必然的にコミュニケーションが必要になり、協調性が身に付きます。
    チームでの一体感から、一緒に作り上げる感動を味わえますし、基礎的な体力はもちろんのこと、自分を表現し自信をつけることができます。
  • デメリット:
    どの習い事もそうですが、特にチームを組んでいることが多いので、引っ込み思案や内気な性格の場合、なかなか入っていけないかも知れません。
    リズム感は早めに付けた方が良いので、習わせたいと思っていたら4~5歳までにいれてしまうのが良いでしょう。
  • 教室の内容:
    通常のレッスンは動きやすい服装とシューズを使って行います。
    かなりの運動量になりますので、水分補給のための水筒や、汗ふき用のタオルは必要ですが、初期経費としては他のスクールより比較的安価で、始めやすいです。

    スクールによっては発表会や、大会への出場、地域のイベントに出演など最近は披露する場面が増えてきています。
    数名から数十人での演技になりますので、お揃いの衣装やヘアアレンジ、メイクなどの費用がかかります。
    大会に出るごとにかかりますので、事前に一年間にどのくらい発表があるか確認しておきましょう。
    全身を使った動きなので体力も表現力もつきますし、何よりコミュニケーション力がつきますので、体力と協調性を身につけさせたい方にはオススメです。

クラシックバレエ

姿勢やスタイルをキープするのに何と言ってもオススメなのがクラシックバレエです。

  • 費用:
    月4回で10000円以上が相場です。
  • メリット:
    とにかくバレエを習っていた子(数年続けている子)は見ただけで分かるくらい立ち振る舞いが違います。
    体幹も鍛えられ、立ち方をしっかり鍛えられますので、美しい姿勢を覚えることができます。
    発表会などに出ることで、度胸がつき、自分に自信が持てます。
  • デメリット:
    月謝や発表会の費用がかなりかかります。子どもが好きでないと通わせるのに根気と努力を要します。
    親の根気と、経済力が重要になる習い事といえます。あまりスクール数が多くなく、近くに良い先生がいない場合もある。
  • 教室の内容:
    普段の練習では、レッスン着とシューズが必要になります。
    大体のスクールが発表会を行いますが、発表会費はスクールによって様々ではありますが、数十万円かかるところも多く、かなりお高めな習い事ですので、事前にどのくらいかかるのか必ず確かめておきましょう。

    体力・柔軟性・表現力をバランス良く身につけることが出来ますし、バレエを習っている子は本当に立ち姿が美しいので、習い事としてはオススメです。

    ただ、圧倒的に女子が多いので男の子は入りにくいかもしれません。

    衣装などはスクールでレンタルしている場合もありますので、そういった費用も含めて、スクールに入る前に一年を通してどんなイベントがあっていくらくらいかかるのか確認しましょう。
    せっかく始めたのに予算的に発表会に出せないとなると、せっかくお子さんが頑張ってきたのに表現力や度胸を試せる機会を失ってしまいます。
    お金のかかる習い事ではありますので、前もって不安な部分はしっかりと解消しておきましょう。

    始めるのは比較的簡単ですが、継続するのが難しいですのでお子さんも親御さんも負担にならないよう楽しく続けられるよう前もって調べることは必須です。

    クラシックバレエは私の同級生も小さい頃から習っていましたが、学生時代から姿勢が良く、スタイルも抜群でしたが、30歳を超えた今でも学生時代と変わらぬスタイルをキープしています。
    本当に羨ましいくらいのスタイルでしたし、その子のバレエ仲間も同様にスタイルが良く、時々お子さんを連れてバレエの鑑賞をしている姿を見ると、素敵な習い事だなと実感することがあります。

フラダンス

2006年に蒼井優の映画で一気に人気が出てスクールも増えたフラダンス、本格的なスクールからクラブのようなものからレベルは様々ですが、気軽に始めやすいのが良いですね。

  • 費用:
    月4回の5000円が相場ですが、地域のサークルのような活動で1回数百円など比較的安価な値段でのレッスンを行っているところもあるようです。
  • メリット:
    ハワイの文化に触れることができます。
    私の友人でフラダンスを習っている子はフラダンスを通して英語に興味を持ち、海外で仕事をしたいと今、語学学習を頑張っています。
    そのようにダンスだけでなく、その子の世界観が拡がる事は素晴らしいですよね。
  • デメリット:
    スクールが少ないです。発表の場もまだまだ少なく、地域のイベントなどでの発表が多いです。
  • 教室の内容:
    普段のレッスンは動きやすい服装の上にパウスカートをつけて練習をします。
    発表会があるところとないところと様々ですが、地域によっては町のイベント等に出演したり、ホームなどにボランティアで踊ったりと、費用がかかるものから無料での出演など発表する場は色々なので、スクールに問い合わせてどんな出演機会があるか確かめておきましょう。
    パウスカートは何着か必要ですが、手作りでも出来ますので手芸が得意な親御さんなら手作りのパウスカートを作ってみるのもオススメです。

社交ダンス

バラエティ番組やタレントのキンタロー。で有名な社交ダンスも体幹が鍛えられるのでクラシックバレエ同様に姿勢がよくなります。

  • 費用:
    10000円が相場です。
  • メリット:
    優雅なイメージとは裏腹に運動量もかなり多く、大会に出るとなるとかなりハードな練習をしなくてはいけないので、しっかりとした体力・筋力がつきます。社交ダンスの中にはサルサダンスやジャズダンスと様々な種類のダンスがあるので、体力やリズム感の他、表現力も養うことが出来ます。
  • デメリット:
    小さい子で習っている子もいますが、圧倒的に大人のスクール生が多いので、なかなか同年代でのコミュニケーション力を身に付けにくい。スクール数自体が少ない。
  • 教室の内容:
    普段の練習は動きやすい服装で十分ですが、大人の練習ですと実際のドレスを着て練習し、靴だけ本番と同じものといった形で練習する場合があります。
    男女ペアになって踊るので、小さい内から紳士的な振る舞いを学べ、なかなか非日常的な気分を味わえ、面白い習い事だと思います。

チアダンス

そして昨年ドラマで話題になったチアダンス。
共に練習して得た栄光を仲間と分かち合う姿は見ていて感動しますよね。
華やかで、とても素敵な競技だと思います。

  • 費用:
    あまりスクール数はありませんが、大体10000円程度です。
  • メリット;
    体力や柔軟性そして団体競技なのでチームのコミュニケーション力が身に付きます。
  • デメリット:
    それほどスクールも多くなく地方ではレッスンを受けられる場所はほとんどありません。
    発表会などもないので、出演する場所はお祭りなどのイベントなど一年に一回あるかどうか、というのが現状です。
    地域差はありますが、なかなか近くにないと継続して習うのは難しいです。
  • 教室の内容:
    普段の練習は動きやすい服装、またはチームジャージなどで行うことが多いです。
    チームジャージやシューズなどの購入や、衣装の購入など初期経費が結構かかります。
    チームによってはお下がりなどを回して使うなど、そのチームごとの慣習がありますので事前に確認しておきましょう。
    スクールに通っているお友達がいるのであれば、内情なども聞いておくと良いでしょう。
    団体競技なので、あとから困ったことがないように事前にリサーチが必須です。

日本舞踊

日本舞踊は日本伝統芸能の一つです。着物を着て踊る、ダンスというよりは「舞い」といった形の踊りです。

  • 費用:
    10000円~数万円とスクールによって様々です。
    日本舞踊は流派もありますので事前にしっかりリサーチしておきましょう。
  • メリット:
    日本の伝統芸能なので、日本の文化に触れることができますし、礼儀や作法などを学ぶ事ができます。
  • デメリット:
    費用がとにかく高いです。
    着物や浴衣など、練習で使うものの準備にも他の習い事よりかなり費用がかかります。
    発表会の場は大人と一緒の舞台になることも多く、更に費用がかかります。
  • 教室の内容:
    普段の練習は浴衣を着て踊りますので、正座が身に付きますし、着物を着ての立ち振る舞いも自然と身につけることができます。
    日本舞踊には現在5つの流派がありますので、日本舞踊を習いたい時にはきちんと調べておきましょう。
    レッスンも他のダンスとは違い基本、個人指導がメインです。
    普段の練習は浴衣ですので、浴衣や着物の準備をしなければなりません。
    発表の場は、様々ですが大きな舞台での発表となると、出演するのに数万円、観覧のチケット代や着付けや化粧、髪のセットなどが必要になります。

    そして親御さんのサポートが必要になります。
    送迎だけではない負担がありますので、事前にどんなサポートが必要になるかきちんとイメージしておきましょう。

    小さいうちからきちっとした指導を受けることで、集中力がつき、浴衣や着物の着付けも覚えることが出来ますが、かなりレッスン料は高額ですので一年間の経費をきちんと試算しておきましょう。

    華やかで憧れる習い事ではありますが、一年ほどでやめてしまってはもったいないですし、お子さんの自信もなくしてしまいますので、しっかりとリサーチして下さい。

アイドル曲を踊る、アイドルダンスとは?

AKB48、乃木坂46やTWICEなどアイドルが踊るダンスをアイドルダンスと呼びます。
アイドルが踊ればどれでもアイドルダンスとなるのですが、最近は難易度が高くかっこいい踊りが多いですね。
うまいへた関係なく、仲間同士で楽しく踊って盛り上がれるので楽しいですよね。

最近は友達同士で覚えて、SNSなどにあげて楽しみ、見てもらう機会が増えたので身近に楽しめるようになりました。
アイドルによっても踊りのジャンルが違うので、好きなアイドルによって友達の輪が広まったりしますので、ぜひテレビやユーチューブなどを見て練習をしてみましょう。

アイドルダンスを踊ってみたなどの覚えやすい動画などもたくさんありますので、分かりやすい動画を見つけて挑戦してみてください。

どの分野のダンスを踊りたいのか確認しよう

どのダンスも基本的な体力向上やリズム感、柔軟性や表現力、コミュニケーション力を養うことが出来ますが、習うダンスによって金額が高額なもの、続けるのに送迎だけでない親のサポートが必要になるもの、自宅でのレッスンも必要なものなど様々です。

子どもにどんな力を身につけさせたいのか、どんな力を伸ばしてあげたいのか、そして子どもが興味を持って楽しく続けられるか、が大事です。
子どもが小さいうちならば、親御さんが続けられる環境であれば始めてしまえますが、ある程度の年齢になると子どもの意見も出てきますのでよく相談して決めましょう。

スクールに通う目的をはっきりさせておこう

クラシックバレエや日本舞踊などは習わなくては習得できませんので、スクールに入るほか選択がありませんが、例えばヒップホップなどのダンスは独学で覚えている子も多々います。

スクールに通うメリットは何か?例えば基本的なステップを一からきちんと教えてもらえること、仲間が出来るので続けやすい、大会などに出やすくなること、など考慮した上で、まずは小さな目標を決め、それに向かって進めるようにしましょう。

スクールに入ったからと言って、いきなり大きな目標を立てると先が長く途中でくじけやすくなってしまいます。

ピアノやスイミングなど他の習い事もそうですが、いきなりショパンの○○を弾く!100メートル泳ぐ!などを決めると目標にたどり着くまで数年かかってしまうので、最終目標としてあげるのは良いですが、まずは数ヶ月~一年で叶う目標を立てて頑張ってみましょう。

そのように短期目標と長期目標を決めることで、スクールの毎月の練習もなかだるみせずにモチベーションを高く持ったまま続けることが出来ます。
そして、スクールを選ぶときは子どもの気持ちを盛り上げてくれる先生のいる場所を選びましょう。

あまりダンスが得意でない子も、いつかは好きになるでしょう・・・といって通わせるのではなく、苦手な子でも苦手なりにサポートしてくれ目標に近づけてくれる先生を見極めましょう。

妥協して適当な方針のスクールに通うのはお金を捨てているようなものになってしまいます。
少し遠くて親御さんの負担になっても、お子さんをきちんとみてくれる先生のスクールに通わせましょう。

ダンスを習わせると育まれる5つの力

ダンスといえば、まずリズム感がよくなります。
体全体でリズムをとれるようになりますので、どのダンスを習ってもリズム感が良くなるでしょう。

その他に身に付く力としては、

■体力
基礎的な体力が身に付きます。体全体を動かす練習になりますので、体力もつきます。
最近は運動不足で肥満傾向の子どもが増えていますが、そういった問題も解消することができます。
食が細い子が体を動かすことによって食事の量が増えたなどのメリットもあります。

■柔軟性
どのダンスも体を動かす前に念入りに柔軟体操をします。
柔軟でしなやかな体は、巡りも良くなり代謝が良くなるので免疫力もつき風邪をひきにくい強い体になります。

■表現力
ダンスはただただ正確に踊れば良いものではありません。
やはり表現力が秀でている人の演技は目を惹くものがあります。
そういった仲間の演技をみることで、教えられて身に付くだけでない表現力を身につけたりすることが出来ます。

■協調性
ダンスは一体感が大事になりますので、仲間とのコミュニケーション力が養えます。

■度胸がつく
舞台の大きさは違えども、どのダンスも人前で発表する機会があります。
初めはとても緊張しますが、二回目三回目と回をこなすごとに度胸もつき、緊張しにくくなります。
そういった経験をしておくと、どんな場面でも自信を持って表現することが出来ます。
これは小さいうちからぜひ身に付けておきたい力ですね。

まとめ

今回紹介したようにダンスと一概にいっても、たくさんの種類があります。
まずはお子さんにどんな力を身に付けさせたいのか、そして習うには送迎の他様々な親御さんのサポートが必要になってきます。

そのサポートがどこまで出来るのか、そして経済的に続けられるかどうか、しっかりと考慮しましょう。

始めてから、実はこんな経費が・・・と子どもの意思に反して続けられないのは、お子さんもかわいそうですし、親御さんも非常に辛いですよね。

そんなことのないように、きちんとリサーチして始めるようにしましょう。
どのダンスにしても、発表会での思い出は一生忘れられない経験になるはずでしょう。

一年間かけたお金にもかえがたい、プライスレスな思い出になります。
そうやって過ごした時間は親子にとってかけがえないものになるでしょうし、そこで身に付いた度胸や表現力は大人になってからもその子の自信になるでしょう。

関連記事

あなたはこれまで何を学んできましたか?

学ぶというと学校での勉強が連想されますが、習い事や書籍で知識を得る事も立派な学びです。
人は学ぶ事で視野が広がり、人生の可能性が広がります。
ただ、何かを学びたい時、こういった思いを抱いた事はないでしょうか。

「もうすぐ受験だけど、効果的な勉強方法はないかな?」
「子どもに習い事をさせてみたいけれど、どんな習い事がいいかな?」

勉強はしたいけど、どうやって学んでよいかわからない。
お子さまに習い事させている方に聞いてみたいけど、身近に聞ける人がいない。
運良く周りに聞ける人がいればよいのですが、そうも言えないのが現実ではないでしょうか。

学ぶためには本人の努力が必要なものの、その原動力はやはり本人の意欲。
相談できる人がいないだけで、せっかく芽がでた学びの意欲を無くしてほしくないというのが、私たちの根底にある思いです。

そこで学びの芽を育むための情報を提供したいと考えた結果、私たちは当メディア「STUDYCLIP」を誕生させました。

「STUDYCLIP」は世の中に埋もれた学びにまつわる情報を切り抜いて提供しようという意味です。
当メディアがあなたの学びを通して、豊かな人生を送る一助になれば幸いです。