学習

英語は小さい頃から習った方がいい?年齢別メリットと教室の選び方

2020年度から小学校での英語教育が大きく変わり、3年生からは英語の必修化、5年生からは教科化が始まることをご存知ですか?
そんな早期英語教育の重要性が注目される中、スイミングや体操などと並んで今人気となっている習い事が、英語です。

でもいつから始めるのが良いのか、どこの教室で習い始めるか、悩んでしまうことも多いですよね。
そこで今回は、小さいうちに英語を習い始めるメリットや教室の選び方をご紹介していきます。

みんないつから英語を習っているの?

いつから英語を習い始めている人が多いのか、気になりますよね。
あまり早く始め過ぎても意味がないのでは?という声もよく聞かれます。

始める年齢によってそれぞれメリットは異なりますが、実際にはある程度の時間じっとしていることができ、日本語での会話がしっかりしてくる3歳以降に英語を習い始める方が多いようです。

せっかく英語を習い始めても、ある程度継続できなければ意味がありません。
子どもが英語に触れる時間を楽しめるか?が長く続けるポイントとなりますので、体験レッスンなどを通して子どもの様子をじっくり観察して決めるようにするのがおすすめです。

英語を習い始めるきっかけランキング

いつかは英語を習わせたいとは思っていても、なかなかきっかけがなく踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。
そこで英語の習い事を始めるきっかけをランキング形式でご紹介します。

第3位 英語が必要となる理由ができた

英語を話さなければならない状況になり、必要に迫られて始めるという子もいます。
例えば良くあるのが父親の海外赴任が決まり、家族で英語圏に引っ越すため英語が必要になるケース。

この場合最低限の挨拶はもちろん、体調不良などの場合に備えて「〇〇が痛い」と伝える練習など実践的なレッスンが中心となるでしょう。

第2位 子どもがやりたいと言い出した

「お友達が通っているから」などの理由で、子どもが自分でやりたいと言い出すケースも。
この場合検討する教室は決まっているので、その教室の場所やレッスンの時間帯など、条件が合えば問題なく始めることが出来るでしょう。

ただ注意したいのは、子どもがレッスンに集中できていない場合です。
ふざけてしまったりお友達の邪魔をしてしまうようなら、子ども本人と話をし、英語を習う上での約束事を決めておくことが大切です。

第1位 親が将来のことを考えて

最も多いのが親が子どもの将来を考えて英語を習い始めるケースです。
特に親が英語が苦手で仕事で苦労しているなど、実際に必要性を感じているため子どもに英語を習わせたいという話は良く聞かれます。

また今後ますます国際化が進む中、将来仕事をする上で英語ができれば強みになりますよね。
せっかく習い事を始めるのであれば、将来役に立つ英語をと考える親は多いようです。

年齢別 始めるメリット

では、具体的に何歳から英語を習い始めるのが良いのでしょうか?
年齢別のメリットを見ていきましょう。

0~2歳から始めるメリット

この年齢の子どもの最大の強みは、何と言っても耳が良いことです。
そして英語に対して「外国語」という概念を持たないのもこの時期ならでは。

0~1歳くらいまでは特に英語の音やリズムを捉える力が強く、大人には難しい音の違いを聞き分けることも出来ます。
年齢が上がるにつれ、母国語にない音(LとRの違いやthの発音など)を聞き分ける力はなくなっていきますので、耳が良いこの時期に英語の音に触れさせるメリットは大きいと言えるでしょう。
またこの時期に見た目や話し方の違う外国人と接しておくことで、その後の英語学習がスムーズに進められるのもこの時期に始めるメリットです。

3~4歳から始めるメリット

日本語の力もぐっと伸びるこの時期。
この年齢の子供は言葉を発する楽しさ、言葉が相手に通じる楽しさが分かってきているため、英語を楽しく習得しやすいというメリットがあります。
また失敗をあまり恐れない年齢なので、どんどん新しい言葉や表現に挑戦できる強みも持ち合わせています。

またゲームや歌などレッスンの幅も広がり、英語を通じた楽しみ方も増えてくる時期です。
子どもが英語を「楽しい」と感じられれば無理なく続けることが出来ますし、それだけ習得も早くなります。
レッスンでの反応は子どもによって個人差があるので、楽しく通えそうか、子どもの性格も考慮して見極めることが大切です。

5歳から始めるメリット

「英語がもっと話せるようになりたい!」など自分の意思や目標が出てくるこの時期。
この年齢で始めるメリットは、レッスンへの集中力や、習ったことへの記憶力が高まっている点です。
その分新しく習った表現の定着も早く、レッスンの効果を感じやすいためモチベーションアップにも繋がります。

また日本語の土台がしっかり出来上がっているので、英語と日本語を混同してしまうなど、日本語習得への影響の心配がいらないのも一つのポイント。
記憶が新しいうちに小学校入学を迎えられるので、小学校の英語に備えて英語を習いたいという方は、5歳頃のスタートがおすすめです。

早期英語教育に”過度な期待”はするな

「英語教育」と聞くと、文章の読解や文法、単語の暗記を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
乳幼児の場合そこまでの教育は求めていなくても、やはり親としては英語教育にある程度の「成果」を期待してしまいますよね。

しかし早期英語教育の場合は特に、単語の暗記や英語のルールを教えるということはあまりしません。
また教室にもよりますが、筆記での単語テストや文法テストも行わないのが一般的です。

子どもがレッスンを楽しんでいても、帰宅後に親が覚えた単語のチェックや間違いの指摘を執拗に行ってしまうと、子どもが英語を楽しむことが出来なくなるケースもあります。
早期英語教育では、親が子どもの英語習得に関して”過度な期待”をしないことが、英語習得の早道と言えるのではないでしょうか。

英会話スクールと英語塾どっちが正解?教室の選び方

いざ英語を習い始めようと思っても、数ある英語教室の中からどれを選んで良いか分からないという方も多いのではないでしょうか?
そこで、英会話スクールと英語塾それぞれのメリットと教室の選び方をご紹介します。

英会話スクールのメリット

生きた英語に触れることができる

会話を中心に行われる英会話スクールのレッスンでは、ただ単に英語を覚えるのではなく、発音やイントネーション、ジェスチャーも含めた生きた英語に触れる機会をたくさん持つことができます。
子どもは真似て覚える天才なので、会話を通じて、子どもは体感でナチュラルな英語を身につけることができます。

会話での臨機応変さが身につく

言語を使う上で最も大切なことは、「相手に言いたいことが伝わる」ということです。
これには文法などの決まりに囚われすぎず、いま自分が知っている言葉で相手に言いたいことを伝える臨機応変さが必要となります。
この臨機応変さが身につけられるのも、実践的な会話を行う英会話スクールならでは。

海外の文化や考え方に興味を持つきっかけになる

英会話スクールでは外国人講師を採用しているケースも多く、キャンプやハロウィンパーティなどの国際交流イベントも盛んです。
見た目や習慣が異なる外国人と関わることによって、子どもが海外の文化や考え方に興味を持つきっかけになることも。

英語を話せることだけではなく、海外に対する理解や文化の違いを受け入れる姿勢は今後ますます重要となってきます。
小さい頃からこれを自然と身につけられるのは、英語を習う上で大きなメリットではないでしょうか。

英語塾のメリット

学校の授業に備えることができる

英語塾は基本的に「学習塾」なので、学校での成績を意識したレッスンを行ってくれます。
2020年以降は、小学5年生から英語のテストの実施と成績評価が行われますので、試験対策を得意とする英語塾の存在は心強いですよね。

英語を学習する方法が身につけられる

どうしたら英語を効率よく学習することができるのか、その方法が教えてもらえるのも英語塾のメリットです。
英語塾にいる先生たちは英語を教えるプロでもあり、学ぶプロでもあります。

単語を楽しく覚えるコツなど、英語の学び方を英語塾で身につけておくことで、小学校以降も抵抗なく英語の学習に取り組むことができます。

成果がわかりやすい

英語塾では定期的にテストが行われたり、宿題が出たりするため、親が子どものレベルを把握しやすいというメリットもあります。
英語を習う場合、3歳(年少)くらいからは子どものみでレッスンを行う教室がほとんど。
習ったことがしっかり身についているのか不安になる方も多いと思いますが、テストや宿題があると、客観的に子どもの成長を判断できて安心ですよね。

選び方のポイント

教室選びで重要となるのは、目的に合った教室を見つけることです。
いま一度子どもに英語を習わせる目的を考え、それに合った教室を選ぶようにしましょう。

また英語は続けなければ身につきません。
場所や時間帯はもちろん、続けた場合の料金もしっかりとチェックし、子どもだけではなく親にも負担のない教室を選ぶことが重要です。

英語の習い事は自宅でも可能!オンライン英会話

大人のオンライン英会話はテレビのCMなどでも見かけますが、いま子どものオンライン英会話が人気を集めていることをご存知ですか?
ここではオンライン英会話の特徴やメリット、始める場合の注意点を見ていきましょう。

オンライン英会話とは?

インターネットを利用した無料通話ソフト、「スカイプ」を使って自宅でレッスンが受けられる学習方法。
レッスンは通常マンツーマンで行われ、パソコンやスマートフォンさえあればいつでも気軽にレッスンを受けることができます。

オンライン英会話のメリット

利便性

オンライン英会話のメリットは何と言ってもその利便性です。
子どもの習い事を考えるときに、送迎の心配をされる方も多いのではないでしょうか。
共働きが増える中、平日に送迎ができないという場合もありますよね。

オンライン英会話であれば、自宅でいつでもレッスンを受けることができます。
例えば保育園から帰宅後の夕飯を作る間、土日の午前中など、自由に時間が選べるのは忙しい親にとって嬉しいポイントです。

料金の安さ

オンライン英会話の料金は英語教室と比較し、大幅に安く設定されていることがほとんど。
マンツーマンレッスンを英語教室で受ける場合、月額13,000円~15,000円はかかりますが、オンライン英会話であれば月額3,000円ほどで受けることができます。

月々の負担を少しでも減らせるのであれば嬉しいですよね。

オンライン英会話の注意点

便利で安いオンライン英会話ですが、インターネット上のみのやり取りとなる分、トラブルが起きやすい面も。
オンライン英会話を検討する場合は以下の点に注意しながら、慎重に決めるようにしましょう。

講師の質

オンライン英会話では非ネイティブや学生の講師を採用しているケースも多く、その質にはばらつきがあります
中にはレッスンへのやる気が見られない講師や、時間にルーズな講師も。

また子どもに慣れておらず、うまく子どものやる気を引き出せない講師もいるので、子どものレッスンを得意とした講師がいるかもチェックしておくと安心です。
講師の質は始めてみないと分からないことも多いですが、無料体験を受けるなどして、登録している講師をある程度確認しておくようにすることをおすすめします。

レッスンの環境

例え良い講師に恵まれたとしても、インターネットを経由するオンライン英会話では通信状況が悪くなることが良くあります
雑音が入ったり映像が乱れてしまい、修正を試みる間にレッスン時間が終了してしまうことも。
こういった接続トラブルの際にレッスンの受け直しができるかなど、保証の有無もぜひ確認しておきたいポイントです。

モチベーションの維持

レッスンで他の子と張り合ったり目標を持ちやすい英語教室とは違い、子どもと講師のみで行われるオンライン英会話では、子どものモチベーションが上がりづらいのが難点
講師がうまくカバーしてくれる事もありますが、子どもの性格によっては英語教室の方が合っているという場合もあります。
こちらも体験レッスンを受けた後の子どもの感想をしっかり聞いて、見極めるようにしましょう。

まとめ

今回は子どもが英語を習うメリットや英語教室について詳しくご紹介しました。
早期英語教育の必要性がどんどん高まる中、何から始めれば良いのか迷ってしまう方も多いと思います。

しかし子どもによって成長の度合いや性格も様々で、必ずしも正解があるというわけではありません。
まずはこの機会に体験レッスンなどに足を運んで、子どもが初めて英語と触れ合う様子を観察してみてはいかがでしょうか。

英語学習のポイントは続けることです。
親子で無理なく続けられる方法を見つけることで、子どもが楽しく英語を学べる環境を用意してあげられると良いですよね。

あなたはこれまで何を学んできましたか?

学ぶというと学校での勉強が連想されますが、習い事や書籍で知識を得る事も立派な学びです。
人は学ぶ事で視野が広がり、人生の可能性が広がります。
ただ、何かを学びたい時、こういった思いを抱いた事はないでしょうか。

「もうすぐ受験だけど、効果的な勉強方法はないかな?」
「子どもに習い事をさせてみたいけれど、どんな習い事がいいかな?」

勉強はしたいけど、どうやって学んでよいかわからない。
お子さまに習い事させている方に聞いてみたいけど、身近に聞ける人がいない。
運良く周りに聞ける人がいればよいのですが、そうも言えないのが現実ではないでしょうか。

学ぶためには本人の努力が必要なものの、その原動力はやはり本人の意欲。
相談できる人がいないだけで、せっかく芽がでた学びの意欲を無くしてほしくないというのが、私たちの根底にある思いです。

そこで学びの芽を育むための情報を提供したいと考えた結果、私たちは当メディア「STUDYCLIP」を誕生させました。

「STUDYCLIP」は世の中に埋もれた学びにまつわる情報を切り抜いて提供しようという意味です。
当メディアがあなたの学びを通して、豊かな人生を送る一助になれば幸いです。