芸術

【体験談】女の子の習い事の定番!ピアノ教室選びで後悔しない4つポイント

こんにちは。ライターのnanakoです。

女の子に人気の習い事といえば「ピアノ」ですね。
うちには娘が二人いてそれぞれにピアノを習わせましたが、思い返せば、ピアノは教室選びがとても重要でした。
お子さんが楽しくピアノを続けられるかは教室選びにかかっている!といっても過言ではありません。

そこで今回は、我が家の実体験をもとに、賢い教室選びのポイントを紹介していきます。

ピアノ教室の分類と特徴

ピアノ教室のタイプは大きく3つに分けることができます。
まずはその分類と特徴について解説します。

楽器店系のピアノ教室

これは「ヤマハ」や「カワイ」などの大手楽器店が運営するピアノ教室(音楽教室)です。
1歳児クラスなどもありますが、実際に鍵盤を触りながら楽器に親しむのは3歳くらいからのグループレッスンになります。

1年間のカリキュラムがきちんと決められ、その通りにレッスンが進んでいきます。

地元の個人レッスンの教室

個人の先生が自宅で開いている教室です。
基本的に個人レッスンになります。
レッスン開始時期、レッスン時間、レッスン内容などはその先生の方針によって大きく違います。

幼稚園の課外授業的ピアノ教室

幼稚園などで園児が帰った後、教室にあるピアノを使って、楽器店などから派遣された先生から個人レッスンを受けるタイプのピアノ教室です。
多くの私立幼稚園では実施しており、入園後に募集がかかります。

このように、ピアノ教室は大きく3つの種類に分けられますが、
それぞれの教室にはメリット・デメリットもあります。

ピアノ教室の賢い選び方とポイント

ピアノ教室を選ぶ時のポイントをメリット・デメリットとともに解説します。
入会してから後悔しないように、下調べをすることが肝心です!

家で練習する時の楽器はどうするの?

ピアノはどうしても自宅での練習が必要になる習い事です。
家で練習するためには、自宅に楽器を用意する必要があります。

習い始める前に、自宅で用意できる楽器について住宅事情などを確認しましょう。

まず、ヤマハやカワイなどの楽器店系のピアノ教室は、ピアノ教室で集客をして、最終的には楽器を買ってもらう、ということが目的になっていきます。
楽器店系のピアノ教室(音楽教室)の場合、楽器購入の勧誘・営業があることは承知しておく必要があります。

最初の一年程度は、キーボードなどでもレッスンについていけますが、年齢が上がるにつれてキーボードではこと足りなくなり、最低でも本物のピアノと同じ鍵盤数の電子ピアノが必要になります。

そしてその後、楽器店のピアノの展示会などのお誘いを受けるようになります。
また、エレクトーンやドリマーンといった楽器店独自の電子オルガンを勧められることもあります。

楽器店系のピアノ教室の場合、楽器の購入があることは頭に入れておいた方がいいです。
(既に持っている場合はこの限りではありません。)

個人レッスンの場合は、その先生の方針により千差万別です。
キーボードからのレッスンを受け付けてくれる教室もあれば、コンクールを目指すために最初から最低でもアップライトピアノ、ゆくゆくはグランドピアノの購入まで考えなければならない教室もあります。

楽器をどうすればいいか、ということについては入会前に先生にしっかりと聞いておきたい重要なポイントです。

幼稚園の課外レッスンはゆる~く、というのが基本なスタンスです。
キーボードでもOK!週に一度幼稚園のアップライトピアノに触れられればOK!という場合が多いです。

辞める時のことを想像してみよう!

始める前に辞めること!?と思われるかもしれませんが、実はとっても重要なことなんです!
同じピアノ教室で大人になるまで続ける、ということはピアニストにでもならない限りほぼありません。

多くのお子さんは小学校高学年、長くても高校受験のタイミングで辞める場合がほとんどです。
イヤな思いをせず、スマートに辞めることができるか、ということも想像しておくといいですよ。

楽器店系、幼稚園の課外レッスンはビジネスライクなので辞めやすいです。
1年程度のコースが終了する、小学校入学、などのタイミングで継続か退会かを選択しやすいんです。

退会届などは受付スタッフに提出すればいいので、あまりあと腐れなく辞めることができます。
しかし、家の近所の個人レッスンの場合、辞めづらい、ということが起こる場合があります。

辞めた後、近所で先生に会ったらイヤだなぁと思うし、もちろん先生も続けて欲しい!と引き留めるでしょう。
そこを「辞めます!」というのは結構悩ましいものです。

また、レッスンは子供のペースに合わせて進んでいくので、辞め時のタイミングを計るのも難しくなります。
個人レッスンの場合、辞め時が見つからず、本当は小学校高学年あたりで辞めたくても「高校受験」という大義名分ができるまで続けた、というお友達を多く知っています。

ちなみに、我が家の場合、「引っ越し」が大義名分となりました。
特に個人レッスンの教室の場合、生活圏や先生のお人柄などをよく納得した上で入会することをお勧めします。

発表会やコンクールについてもリサーチを!

せっかくピアノを習っているのだから、披露する場があるとモチベーションも上がるお子さんも多いです。
小さな子供にとって、たった一人で大きな舞台に立ち、ピアノを弾く、ということはその後に自信につながる大切な経験です。

楽器店系のピアノ教室の場合、年間のカリキュラムに発表会が組み込まれています。
カリキュラムの後半には発表会に向けての練習もあり、クラスによってはお揃いの衣装の調達などが必要になる場合もあります。

個人レッスン、幼稚園の課外レッスンの場合は、先生のお仲間が集まって合同で発表会を開催することもあります。
また、積極的にコンクールに出場させる先生もいます。
教室の規模によっては、発表会はやらない、という場合もあります。

ひっそりと、細々とやりたいお子さんもいるでしょうし、積極的にいろいろな舞台に立たせたいおうちもあるでしょう。
発表会やコンクールには月謝以外に参加費用、衣装代も追加されます。

特に個人レッスンの場合、どのように発表会やコンクールに関わっていくのか、よく先生にお聞きすることが大切です。

ママ友や子供のお友達の「オススメ」では入らない!

我が家は娘たちが中高生になりましたが、ここまで習い事関係のママ友トラブルをたくさん見聞きしてきました。
特にピアノの場合、最初はママ友同士で「一緒にやらせようよ!」というスタンスで始めたレッスンが、いつの間にか嫉妬心やライバル意識が出てきてイヤな思いをすることが多くあります。

ピアノは子供一人一人の能力やペース、月齢差、家庭での練習量によってかなり差のつきやすい習い事です。
もちろん、先生が一人一人に合わせてレッスンをし、フォローをしていきますが、例えば

  • 発表会の曲選びが気に入らない
  • お友達の方が難しいパートを任された
  • コンクールの出場に声がかからない

などなど、子供同士を比較してしまうポイントがたくさんあります。
お友達とわが子を比較してヤキモキしたり、ママ友に嫉妬心をむき出しにされる、といった心の平穏を乱す要因を作らないためにも、特にピアノ教室はその家庭の方針、考え方を貫いて選んで欲しいな、と思います。

一時的な「誰か知っている人がいると安心」という理由での教室選びはおすすめしません。

まとめ

ピアノ教室の選び方のまとめです。
4つのポイントに絞って無理なく通える範囲のピアノ教室を探してみましょう!

  • 自宅での練習のための楽器はどうする?
  • 辞めた後のことも想像してみて!
  • 発表会やコンクールはどうなっている?
  • 親御さんが納得したピアノ教室を選ぶ!

ピアノを習う、ということはお子さんの成長に良いことや学びがたくさんあります。
お子さんが楽しく鍵盤楽器に親しんで心豊かな時間を過ごせるよう、お子さんにぴったり合った教室を選んであげて下さいね!

関連記事

あなたはこれまで何を学んできましたか?

学ぶというと学校での勉強が連想されますが、習い事や書籍で知識を得る事も立派な学びです。
人は学ぶ事で視野が広がり、人生の可能性が広がります。
ただ、何かを学びたい時、こういった思いを抱いた事はないでしょうか。

「もうすぐ受験だけど、効果的な勉強方法はないかな?」
「子どもに習い事をさせてみたいけれど、どんな習い事がいいかな?」

勉強はしたいけど、どうやって学んでよいかわからない。
お子さまに習い事させている方に聞いてみたいけど、身近に聞ける人がいない。
運良く周りに聞ける人がいればよいのですが、そうも言えないのが現実ではないでしょうか。

学ぶためには本人の努力が必要なものの、その原動力はやはり本人の意欲。
相談できる人がいないだけで、せっかく芽がでた学びの意欲を無くしてほしくないというのが、私たちの根底にある思いです。

そこで学びの芽を育むための情報を提供したいと考えた結果、私たちは当メディア「STUDYCLIP」を誕生させました。

「STUDYCLIP」は世の中に埋もれた学びにまつわる情報を切り抜いて提供しようという意味です。
当メディアがあなたの学びを通して、豊かな人生を送る一助になれば幸いです。